Q&A

個人再生Q&A

皆さんからよくある質問をまとめました。もっと詳しく聞きたい…という方はお気軽にお問い合わせ下さい!
Q
1. 個人再生の手続を自分でやってみたいのですが、出来るでしょうか?
A

正直なところ、あまり、おすすめしません。
自己破産の場合は少数ですが、ご自身で手続される方がいます。しかし、個人再生では、少なくとも私の知っている範囲では一人もいません。
理由は破産に比べて提出する書類の数が多く複雑だからです。裁判所の対応も、一般の人からの申立には消極的で、窓口では、「弁護士さんか、司法書士さんを探した方がいいですよ」と言われることが多いと聞いています。

Q
2. パートで働いているのですが、個人再生は可能でしょうか?
A

パートやアルバイトの方でも基本的には個人再生は可能です。
ただし、借金が減額された後の、月払いの金額を充分に支払っていけると裁判所に判断してもらう必要があります。裁判所を納得させる為、今まで以上に生活費を切り詰める必要があるでしょう。
尚、手続の途中でパートやアルバイトを辞められた場合は、当然、手続は出来なくなりますので、雇用主との間で継続して勤められる信頼関係が出来ていることが成功の秘訣でしょう。

Q
3. 現在、無職ですが、最近、就職活動で内定をもらいました。個人再生は可能でしょうか?
A

当事務所では、ご質問のケースで個人再生を、やり遂げられた方が実際にいらっしゃいます。
会社の内定について、もらえる給料の額や働き始める時期について書面等で証明することが出来れば可能だと思います。

Q
4. 自動車にローンが残っています。自動車を残して個人再生は可能ですか?
A

これも非常に多い質問です。一昔前ならば、「残念ながら引き上げられます」と答えていたのですが、最近、取り扱いが変わり、車が大事な人には朗報になりました。
車検証の所有権欄にローン会社の名前が書いていない場合(実は、自動車を販売したディーラーの名前が書いてあって、ローン会社の名前になっていないケースが結構あるんです。もちろん、本人の個人名が書いてある場合も同様です)、ローン会社を所有者と認めないという判決が最高裁で出たのです。

何しろ最高裁判決ですから影響は非常に大きく、全国の裁判所が一斉に「車検証の所有者欄にローン会社の名前の記載が無い場合は引き上げの禁止」という取り扱いになりました。
これで、上記の条件を満たす場合は車は手元に残ります。今まで、車のことが引っかかって個人再生の決断が出来なかった人には良い変更だったと思います。

Q
5. 東京の自宅に妻と子供が住んでいます。私は単身赴任で今は愛知県に住んでいます。住宅を守りながら個人再生は可能でしょうか?
A

可能です。
個人再生は実際に住んでいる場所で申し立てるのが原則なので、この場合は愛知県で申し立てることになります。

Q
6. 自宅に住宅ローン以外の担保が付いています。住宅ローン特則を付けた個人再生は可能でしょうか?
A

残念ながら使えません。
住宅ローン特則を使う為には、自宅の担保は住宅ローンのみであることが条件となっています。
ただし、住宅ローン特則を使わない個人再生ならば可能です。この場合は借金は減額になりますが、住宅を手放すことになります。

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分