Q&A

過払金返還請求Q&A

皆さんからよくある質問をまとめました。もっと詳しく聞きたい…という方はお気軽にお問い合わせ下さい!
Q
1. 取引期間が10年あります。必ず過払いになっていると思うんですが?
A

過払いの可能性は高いとは思います。しかし、100%ではありません。
過払いになるかどうかは人によって違います。事務所に来た人の中でも、10年取引していて、過払いにならなかった人が、たまにいらっしゃいます。

Q
2. 完済して今は取引していない業者から過払金は取り戻せるでしょうか?
A

クレジット会社や大手の消費者金融ならば取り戻すことは可能です。小規模業者の場合は、正直なところ、難しいのが現状です。
小規模業者の場合、まず取引履歴が保存されていなくて取得できない可能性があります。運よく取引履歴が取得出来たとしても、いざ過払請求をすると、支払うべき金銭が会社に無かったりします。グレーゾーンが認められなくなってからは、倒産寸前の会社もあるからです。
ただし、完済業者の場合は、たとえ取れなくても被害はありませんので、「やるだけやってみる」のは構わないと思います。

Q
3. 完済した業者に対してだけ過払請求をした場合、または任意整理をした業者が全て過払いだった場合、ブラックリストには登録されますか?
A

登録されません。
以前は「契約見直し」という用語で登録されていた時期もありましたが、その後、ルールが変更になり登録されなくなりました。安心して手続をして下さい。

Q
4. 過払請求をすると訴訟になるのでしょうか?
A

私の事務所では訴訟になるケースが多いです。
その理由は、訴訟をせずに請求すると、過払金が減額されてしまう可能性があるからです。業者も訴訟で請求された場合と、そうでない場合とは区別して対応してきますので、訴訟をしていないと、ほとんどの場合、減額交渉をしてきます。
従って、訴訟はしないという方針をかがけている事務所もあると聞いていますので、そういう場合は「過払金の減額には応じるのかどうか」を事前に聞いておいた方が良いでしょう。

Q
5. 長い期間取引をしていても過払いになっていないのは、どのようなケースなのでしょう?
A

あくまで一般論なので、全員に当てはまる訳ではありませんが、比較的以下のような取引の場合は、思ったよりも過払金が少なかったり、あるいは過払いで無かったりすることが多いようです。

(1)ごく最近になって限度額が大きく上がり、限度額一杯まで借りている取引。(例えば最近1年の間に限度額が50万から90万に上がったとすると、上がった分の40万は1年の取引しかないことになります。)
(2)途中で大きな返済を何回もしていて、残高を低く抑えている取引。(ある意味、賢い取引と言えます。賢く利息をおさえた取引なので、余分に払っている利息も少なくなるのです。)

Q
6. では短い取引でも過払いになっているのは、どのようなケースなのでしょう?
A

これも、あくまで一般論なので、このケースに当てはまる人が全員過払いになっている訳ではありません。 比較すると、過払いになりやすいケースと考えて下さい。

(1)ある時期から、返済だけしていて借入をしていない取引。
(2)最初の借入後の、かなり早い時期に限度額が大きくなり、高額の限度額一杯の借入を常に長期間維持してきた取引。(貸金業者が希望する取引形態です。最も多くの利息が稼げる取引だからです。計算すると、期間の割に高額の過払金が発生している事が多いです。)

Q
7. 以前、特定調停をした時、もっと前から取引があったのですが、途中までしか取引履歴が出てきませんでした。不満だったのですが、その場で調停委員に説得されて調停を結んでしまいました。今、考えると過払金が発生しているかもしれません。どうしたらいいでしょうか?
A

恐らく取引履歴開示義務を認める最高裁判決が出る前に特定調停をされたのでしょう。今では信じられないかもしれませんが、最高裁判決が出る前は、このようなことも起こっていたのです。
この場合の解決方法としては、もう一度、取引履歴を取り寄せてみましょう。ご自身で請求しても、司法書士に依頼しても、どちらでも構いません。現在ならば、昔、出てこなかった取引履歴も恐らく開示されるはずです。その結果、過払いであることが判明した場合、調停の「錯誤無効」という理由で改めて過払請求訴訟を提起できる可能性があります。あきらめないで検討してみて下さい。

Q
8. クレジットカードでも過払金は発生するのでしょうか?
A

はい、発生します。ただし、ショッピングのみで利用している人は発生しません。
ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能がついていて、貸金業法が改正されるまでは違法利息を取っていました。従って、キャッシングを長期間に渡って利用している人は過払金が発生している可能性が充分あります。

☆クレジットカードによっては、少数ですが、貸金業法改正前でも利息制限法以内の金利でキャッシングをしている業者も存在します。詳しくは、ご相談下さい。

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分