債権回収

離婚に伴う養育費や慰謝料の請求

養育費や慰謝料を支払ってもらえない人へ

離婚に伴う費用の回収元配偶者が経済力があるにもかかわらず、養育費や慰謝料を支払わなかったとしたら、堂々と請求しましょう。特に養育費は、子供の為に支払われるものですから、簡単にあきらめてはいけません。

当事務所が、おすすめする方法

⑴ 離婚の際に、公正証書を作成していた場合

離婚の際に公正証書を作成していた場合、裁判手続無しで、いきなり強制執行(差押)をすることが可能です。回収の可能性は非常に高いと言えます。

⑵ 協議離婚で、公正証書を作成していない場合

協議離婚で公正証書を作成していない場合は、取り決めの内容でもめる場合があります。そんな時は、家庭裁判所に養育費請求の調停・慰謝料請求の調停を申立てましょう。離婚などの家事事件の場合、まずは調停を先に行うという仕組みになっていますので、いきなり訴訟を行うことは出来ません。調停の前に内容証明で請求するかどうかは、依頼人の希望によります。

証拠書類

公正証書がある場合は、公正証書が強力な証拠になります。 家事調停を行う場合は、相手方の経済力がどの程度かというのが重要な判断材料になりますので、相手方の預貯金などの資産、相手方の収入などが分かる証拠があれば有利になる可能性が高いでしょう。直接、収入が分からない時でも、相手方の経済力が推定できるような証拠があれば積極的に出していくべきです。(高級車に乗っているとか、安定した会社に勤めているとか)

Q&Aを見る

料金

  • 内容証明を見る
  • 強制執行を見る
離婚・養育費・慰謝料請求の
家事調停申立
10万円+消費税

※ 別途、裁判所に支払う印紙代・郵券代などの実費が必要です。

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分