債権回収

売買代金請求・サービス代金請求・売掛金請求

物やサービスの代金を支払ってもらえない人へ

滞納家賃の回収物を売ったのに代金を支払ってもらえない。サービスを提供したのに代金を支払ってもらえない。このような相談は多いです。
代金・売掛金請求の特徴として、証拠が充分にある場合が多いです。申込書・請求書などがそろっていることが多いので裁判手続は、やり易いと言えます。
一般的に書類を出さないような少額の売買の場合は、即時払いが普通なので、そもそもトラブルになることが少ないです。 最近の傾向としては、サービス代金請求の相談が多いようです。具体的な例としては、宿泊代・建築請負・塾・各種専門教室・エステ・医療費などが増えています。

当事務所が、おすすめする方法

⑴ 証拠が弱いけど、とにかく請求したい

この場合、考えられるのは、内容証明と支払督促です。 ただし、支払督促を選択する場合は、「相手方が遠方ではない」、「相手方が異議を出す可能性が低い」という二つの条件を満たす必要があります。

⑵ 証拠があるが、相手方が遠方にいる

この場合は、支払督促は選択できません。あとは、請求金額に応じて少額訴訟か民事訴訟かを決めましょう。内容証明を先に出して様子を見るかどうかは、依頼人の希望によります。

⑶ 証拠があり、相手方も近くにいる

あらゆる方法が選択可能で選択の幅が一番広いです。各方法のメリットや注意点を比較して適切な方法を選択しましょう。

⑷ 仮執行宣言や確定判決や和解調書などの債務名義を取得した後でも、
 相手方が支払わなかった場合

取得した債務名義に基づいて、執行裁判所に強制執行の申立をします。

証拠書類

代金・売掛金請求を行う場合に良く利用される証拠には、以下のようなものがあります。

⑴ 申込書

サービス業の代金請求の時に良く使われます。サービスの内容が詳しく書いてあるのが普通なので、強力な証拠となります。

⑵ 請求書

物・サービスのどちらの時にも良く使われます。これも、内容が詳しく書かれているのが普通なので、強力な証拠となります。

⑶ 見積書

見積書の内容が、そのまま申し込みの内容とは限らないので、証拠としては弱くなります。しかし何も無いよりはマシです。

⑷ 契約書

業種によっては契約書という形で、正式に契約を交わす場合もあります。契約書は、きちんと書かれていれば最強の法的書類となります。

料金

  • 内容証明を見る
  • 支払督促を見る
  • 少額訴訟
  • 民事訴訟を見る
  • 強制執行を見る

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分