Q&A

個人再生の事例

当事務所で実際に扱った代表的な事例、ちょっと珍しい事例などを紹介します。

事例-1
夫が個人再生、妻が自己破産で、夫婦の借金を劇的に減らして立ち直った事例

Kさん 男性 夫婦での相談 子供一人と三人暮し
40代 会社員  手取月収 約30万円
債権者数 13社 債務総額 800万円(夫婦の合計額)

若い時に親が銀行から借入をしていて、その保証人になったのが始まりでした。30代の時に親が支払不能になった後、逃げてしまい、突如として400万くらいの借金が降りかかってきました。自分では保証人になったことすら忘れていたほどだったので、途方にくれてしまい、返済の為、高利の借金に手を出すようになりました。

幸い、当初は給料も良く住宅ローンも含めて何とか支払えていました。ところが、ある時、病気になってしまい入院して会社を休まなくてはならなくなりました。半年ほど、まともに会社に行けない状態が続き一気に生活が苦しくなりました。返済の為の借入も頻繁にするようになっていきました。

典型的な自転車操業になり正常な判断力も無くなっていたのでしょう。この頃に紹介屋詐欺にも引っかかってしまいました。審査の甘い借入先を紹介してやるから先に紹介料を振り込ませるという手口です。後で司法書士の先生に聞いたところ、典型的で良くある手口だそうですが、その時の私は全く疑いませんでした。

結局、借金は一層膨らみ住宅を手放すことも考えました。その時に偶然ホームページで司法書士事務所を見つけて相談に行きました。
司法書士の先生から、「住宅を手放さずに済むかもしれない」と言われ半信半疑で説明を聞いていました。どうやら個人再生と言う方法があるらしく、自分はその手続をして、妻は自己破産をすすめられました。実は妻にも返済に協力してもらっていたので、妻名義の借金も結構膨らんでいたのです。絶望的だと思っていた高額の夫婦の借金が、この方法で劇的に減ることが分り、しかも住宅も維持できるというのです。

早速、依頼をして取り掛かってもらいました。手続は順調に進み、取り立ても無くなり平穏な生活が戻ってきました。しばらくして認可決定も降りて、これから3年間の支払いが始まります。
今回のことを教訓にして、遅れないようにしっかり支払っていきたいと思っています。

事務所からのコメント

Kさんの場合、病気から回復してからは給料が安定的にもらえておりボーナスも出ていたので、個人再生で支払いは充分に可能と判断しました。ただし、その為には奥さんの借金を無くしておかなくてはなりません。そこで奥さんには破産をすすめて納得して頂きました。実は夫が再生、妻が破産、というケースは結構あるのです。
Kさんは比較的収入が高い為、高利と言っても利息制限法以内の優良借入先が多くて、取引年数が長い割には減額が見込めないケースでした。任意整理を選択できなかったのは、これが理由です。
この夫婦は非常にうまくいった例だと思います。借金は夫婦合わせて5分の1以下に減り、住宅も維持できた訳ですから。
Kさん夫婦は私から見ても非常に素直な性格で、隠し事もせず、見栄もはりません。ただ、今よりマシになってくれれば良いという気持ちが伝わってきました。
こういう人は対策も立てやすく、良い結果になることが多いように思います。

事例-2
主に遊興費と借金返済のための借金を重ねて、短期間に債務が増えていったBさんの事例

Bさん 会社員 20代後半 住宅ローン有
妻、子2人の4人家族
債権者数 8社 債務総額 約380万円
収入 本人約28万円 ボーナス年2回 妻パート約2万円

主に遊興費と借金返済のための借金を重ねて、短期間に債務が増えていった。3年ほど前にマンションを購入したばかりで、何とか破産せずにローンを払い続けながら、債務整理ができないか悩んでいて、今回、個人再生の手続きをとった。結果、債務は100万円まで減額され、住宅ローンはそのまま払い続けることができた。
(3年間の月々の支払は約27,000円、住宅ローン(月々約5万)を支払っても、何とかやっていくことができそうです。運良く、昇給もあり、まずは一安心ということになりました。)

事例-3
住宅を維持したまま借金が減り、更に車も残すことが出来たTさんの事例

Tさん 男性 住宅ローン有り
40代 会社員
債権者数 6社 債務総額 約900万円

当初、住宅ローンを組んだ時には問題なく返済できていたんですが、途中、転職になりボーナスの額が大幅に減ってしまった時から住宅ローンのボーナス払い分の返済が苦しくなりました。それで、ボーナス払いをのりきる為にクレジットカードや消費者金融のキャッシングを利用するようになりました。今、考えると、これが全ての始まりだったように思います。

一向にボーナスが上がる気配も無いので、貸金業者への返済のたしになるかもと思い、パチンコを始めてしまいました。学生時代は結構、勝っていたので、何とかなるかもと思っていたのですが、現実はそんなに甘くはなく、かえって借金を増やすことになってしまいました。

悪いことは続くもので、こんな苦しい時に入院が必要な病気にかかってしまいました。退院した後も元の体力は戻らず、前と同じようには働けなくなってしまいました。それが原因で、結局、再び転職することになり、今度はボーナスだけでなく毎月の給料も減ってしまいました。ただ、体力的には前の会社よりも楽だったので、徐々に体調は良くなっていきましたが、その代わり、経済的には一層、苦しくなり、借入の金額が増えていきました。

丁度、この頃、子供の学費がかかる時期に重なりました。とても貯金では対応できず、日本政策金融公庫から学資ローンを借りることになりました。自分のせいで子供の将来を狭めるようなことは、どうしてもしたくなかったのです。

より生活が苦しくなり、毎日、借金の支払いをどうするかを考えるようになり、精神的にも追い詰められていきました。夫婦ゲンカも多くなり、妻とは別居するようになりました。妻の収入があてにできなくなったので、ついに住宅ローンの支払いが苦しくなり、このままでは住宅を失ってしまうという危機感が高まり、もう普通の方法で借金を払っていくのは無理だと観念して債務整理を考えるようになりました。ネットで調べるうちに住宅を維持しながら他の借金を減らせる方法があることを見つけ、司法書士の先生にお願いすることにしました。

最初は、住宅が守れるなら、車はあきらめるしかないかと思っていましたが、先生に聞くと、「最近、取り扱いが変わったので、車は残るかもしれない」と言われました。それで手続を進めていくと、本当に車が残りましたので、すごく助かりました。正直、都会ではないので、車がないと生活が非常に不便なのです。

無事に支払える金額に減額され、住宅も車も残り、妻も最近では理解してくれるようになってきました。本当に手続をして良かったと思っています。

事務所からのコメント

相談に来られた時には、かなり切迫した状況でした。もう少し遅くて住宅ローンの滞納が始まっていたら、これほどスムーズには進まなかったかもしれません。(他の借金の滞納はありましたが、住宅ローンの滞納はありませんでした)
車の件では、最高裁判所の判決が出てから取り扱いが変更になり、現在では、車検証の所有者名義がローン会社になっていない場合は、ローン会社は車を引き上げることが出来ないということになっています。今回の件は、これに該当した為、ローン会社も車の引き上げをあきらめました。ラッキーだったと言えるでしょう。

事例-4
退職金を事業資金に費やしたが軌道にのらず、返済が苦しくなったKさんの事例

Kさん 男性 住宅ローン無し(ただし土地は所有)
40代 会社員
債権者数 6社 債務総額 約400万円

結婚前から旅行が好きで、よく飛行機などを使って旅行に行っていました。旅行費用を捻出するために、たまに借入をすることもありましたが、その時は、給料で返せる程度でおさまっていました。ただ、借りることに抵抗が無くなっていたことはあると思います。

後に、前の会社を退職して事業をしないかと友人に誘われました。今、考えると、これが甘かったと思います。大事な退職金を、かなりの額、事業に使ってしまいましたが、そんなに世の中、甘くはありません。事業は軌道にのらず、投資した退職金は無くなり、更に新たな借金までかかえることになりました。

会社を辞めてしまっているので、新たな就職先を探さなくてはなりません。しかし、この不景気の中、正社員での就職は厳しく、しばらくは契約社員で過ごすことになります。当然、収入も以前に比べて減少し、借金の返済が苦しくなってきました。

そんな時にネットで借金について調べていたら、個人再生という手続があるのを知り、自己破産は抵抗があるけど、これならやってみても良いかなと思い、経験のありそうな司法書士を見つけて相談に行きました。

先生からは、「個人再生は、借金の5分の1か、100万円か、どちらか高い方の金額まで支払額が減らせる手続なので、あなたの場合は本来、100万円が支払額になるはずだけど、土地を持っているので、その分、支払額は若干増えます。ただし、その土地を処分する必要はありません。」と言われました。

親から譲られた土地は兄弟との共有になっていたのと、田舎のあまり便利の良い場所ではなかったので、私の資産価値は100万円ほどですみました。資産価値が低くて喜ぶことになるとは、皮肉なものです。

先生に伝えると、「貯金や生命保険などの他の資産と合わせると、あなたの資産の合計は150万円弱です。これがあなたの支払額になります。この金額を3年間で分割して支払っていくことになります。月あたり約4万2000円くらいですね」と言われました。

このくらいの金額なら何とか支払っていけそうだと明るい気持ちになってきました。すると、運も向いてきたのか、会社から正社員昇格の話がありました。真面目に働いてきて良かったと、この時は本当に思いました。すぐに先生に話すと、「裁判所に与える印象が非常に良くなりますよ。審査が通りやすくなるでしょう。」と言われました。

その後、順調に手続が進み、裁判所での面談も終わり、無事に認可決定が出ました。正社員になったことで収入も増え、無理なく支払うことが出来ています。個人再生に感謝です。

事務所からのコメント

この人の場合、親から譲られた土地があったので最初は、その資産価値が不安でした。個人再生の場合、支払額の決定方法は、以下の3つのうちの最も高い金額と決められています。
① 借金の総額の5分の1
② 100万円
③ その人の資産の総額(清算価値と呼ばれます)

この場合、③に当てはまるわけです。ただし、個人再生のメリットは資産を処分する必要は無いという点です(自己破産の場合は、処分してお金に換えなくてはならない)。
ただ、不動産のように高額の価値になりやすい資産を持っている場合、支払額が高くなりすぎて、そもそも個人再生をやる意味がないというケースもあります。(分割になるメリットはありますが)

だから、実際の資産価値を聞くまでは心配でした。しかし、思っていたよりも資産価値が高くなかったので、支払額も充分にメリットがある金額になりました。
契約社員のままでも、ぎりぎり審査は通るかなと思ってはいましたが、やはり、正社員に昇格したのは良いタイミングだったと思います。いろいろなことが非常に、うまくいったケースだと印象に残っています。

事例-5
給料が下がったのに生活レベルを落とせず、借金の支払いが滞ってしまったTさんの事例

Tさん 男性 住宅ローン無し(賃貸マンション)
40代、会社員
債権者数 6社 債務総額 約600万円

マスコミ関係に勤めていて、当初は割と給料が良かったために、派手な浪費をしていた時期がありました。特に家電に興味があって、新製品が出るとつい買ってしまい、家中の家電が新製品で埋まっていました。ほとんどがクレジットでの購入だったので、毎月引き落とし日には結構な金額が落ちていたと思います。

しかし、しばらくすると、不景気による広告収入の落ち込みなどで給料が減り、今までためらいもなく使っていた経費も自腹が多くなっていきました。それでも、なかなか生活レベルを落とすことが出来ず、前と同じように家電の購入は続けていました。

そんな時に、持病が悪化して医者に行ったところ、保険がきかない治療が必要ということで200万円近い出費を迫られました。仕事に支障が出るので病気を放置しておくこともできず、苦しい時に何でこんなことにと思いながら治療を受けることにしました。

しかし、いよいよ毎月の支払いが滞るようになり、このままでは破産するしかないのかと思い悩みました。とにかく、このままの状態では支払いができなくなることは明らかだったので、借金の整理に強そうな法律家を探すことにしました。偶然にも、妻が以前に世話になった司法書士事務所があるということで、そこに相談に行くことにしました。

たいへん丁寧な説明を受け、ある程度の給料があるので、破産よりも個人再生がいいんじゃないかと指摘されました。特に押し付けるようなこともなく、「一通りの説明はしましたので、やるかやらないかは、あなたの判断です」と言われ、やってみることにしました。破産しなくても済むのは、正直、ありがたいと思いました。

手続は割と順調に進み、名古屋地裁にも行きましたが(先生の付き添いもありましたので安心でした)、思っていたよりも厳しい質問はなく、手続を始めて半年くらいで支払いが始まりました。今では、すっかり心も落ち着いて、せっかく認めてもらった分割払いなので、きちんと払っていこうと思います。

事務所からのコメント

昔、任意整理をした奥様が、夫をつれてきたケースです。こういうことは実は珍しくありません。ただ、奥様も個人再生は始めてだったので、説明を聞くまでは不安そうにしてました。
この人の場合、ローンの終わった自動車が50万円くらいの時価がありましたので、破産をするとこの自動車が処分されてしまいます。あと、減ったといっても、そこそこの給料があったのと、奥様の収入もあったので、充分に個人再生の分割が可能だと判断しました。

ただ、借金の大きな原因である家電の購入については、今後は控えていただくように説得しました。本人も自覚していて納得して頂けたと思っています。

事例-6
ギャンブルで借金を膨らませてしまったが、生活の見直し等により個人再生することになったSさんの事例

Sさん 男性 住宅ローン無し(社宅)
20代 会社員
債権者数 7社 債務総額 約300万円

社宅に住む前は賃貸マンションに住んでいて、そこの保証金が結構高かったため、一時的に貸金業者から借りたのが、そもそもの始まりでした。最初は抵抗があった業者からの借入でしたが、案外簡単に出来たので抵抗が無くなり、その後の借入につながったような気がします。

もともとパチンコが趣味で週に1~2回やる程度でしたが、借りることを覚えてから回数と金額が増えていきました。以前は1日に1万円以上は使わなかったのですが、借りたお金を使うようになってから、1日に4~5万円使うことも珍しくなくなりました。

丁度、この頃、会社の経費節減が厳しくなって、営業経費が落とせなくなってきました。仕方なく自腹を切ることも増えてきて、より借入をするようになりました。

そんなに給料が良い方ではなかったので、しばらくすると返済に行き詰まるようになり、これでは駄目だと思いネットで探して法律家に相談に行きました。

司法書士事務所に相談に行ったところ、「あなたは、めぼしい財産も無いし失うものも特に無いので自己破産が適切ではないか」と言われました。しかし、自己破産には抵抗があったため、何とか他の方法は無いかと質問したところ、一応、減額した後に分割して支払っていく個人再生という方法もあると聞きました。ただし、それには、支払い能力の審査があるので、それをクリアする必要があると言われました。

当時の私の給料は18万くらいでした。通常、このくらいの金額だと生活費を含めて残りの借金を支払っていくには厳しいと判断されることが多いと聞きました。ただ、既にこの時は社宅に住んでいて家賃は3万円でした。一人暮らしだったので節約すれば生活費は、ほとんどかかりません。結局、これならば毎月の余剰金も充分に出るので、個人再生でもいけるでしょうという結論になりました。

もう一点、私はパチンコで作った借金もかなりあったので、それが破産の場合、免責決定に影響する可能性があるということも、個人再生を選択する理由になりました。

方針が決定してから事務所の指示に従って進めていきましたが、特に問題なく無事、認可決定を得ることが出来ました。自己破産しないですんで大満足です。借金はもうこりごりなので、これからはきっちりと節約して暮らしていきたいと思います。

事務所からのコメント

特に財産も無かったので自己破産を考えるケースでしたが、ギャンブルで作った借金の額が割と多かったのと(割合が少ない場合は問題になりません)、本人の強い希望があったため、個人再生を検討しました。
幸い、社宅に住まれていたこともあって住居費が非常に安く、一人暮らしだったので節約すれば、かなりの少額で暮らせることが分かりました。もちろん徹底した節約をしてもらうように、ファイナンシャルプランナーも交えて家計の見直しをしていきました。

最終的には月に5~6万円の余剰金が出るまでになりました。分割の支払いは月に3万円弱だったので充分に支払っていけます。裁判所の審査も問題なく通過しました。
誰もが当てはまる訳ではありませんが、非常にうまくいったケースだと思います。

事例-7
会社の業績が悪化しても以前の暮らしを続けていたら会社が倒産し、借金が返せる額ではなくなってしまったFさんの事例

Fさん 男性 会社員 40代 住宅ローン有
債権者数 10社 債務総額 1000万円

以前に勤めていた会社が順調だった時、年収も1000万円近くあり、迷わず住宅ローンを組んで自宅を購入しました。ローンを払いながらでも、まだ余裕があったので、子供も3人産んで、塾や習い事にも通わせていました。生活に余裕があったので、外食や惣菜の購入なども頻繁にあり、正直、贅沢をしていたと思います。

そんな時、会社の業績が悪化して一気に収入が激減しました。しかし、習慣化してしまった支出はそう簡単に減らせませんでした。住宅ローンや塾の費用などの固定費はある程度仕方が無かったとはいえ、減らそうと思えばすぐにでも減らすことが出来た外食費やこづかいなども、そのままにしていました。すぐにでも会社の業績が戻ると思っていたのです。

しかし、会社の業績も私の収入も悪くなる一方で、家計は厳しくなりました。それでカードローンに手を出しました。年収が良かった頃のプライドもあって消費者金融には手を出しませんでしたが、以前から持っていたクレジットカードや、銀行のカードローンに関しては、使えるところは片っ端から使いました。支出を切り詰めていなかったので、借入額はあっという間に膨らみました。なまじ以前の収入が良かったので、当初は限度額も多く設定されていて、ほとんどのカードで限度額一杯まで借りることになりました。

そうやって綱渡りの生活を続けているうちに会社が倒産してしまいました。このままでは破産する羽目になると思い、必死で就職活動をしたところ、運よく早めに就職先が見つかりました。ピークの頃よりは給料は低かったですが、業績が悪化してからに比べたら、随分ましな収入になりました。

それでも、膨らんだ借金の額を考えると、とても返せるものではありません。「これは、もうどうにもならないな」と思いネットで検索して司法書士に相談しました。

事務所からのコメント

相談を受けてすぐに思ったのが、「会社員としては借金の額が多い」ということでした。ただ、奥様も働いていて、夫婦で合わせると60万近い手取りがあったので、「これなら、5分の1に減らせば何とかなるかも」と思いました。

ファイナンシャルプランナーも加わって、家計の整理をやっていたところ、子供関連の費用が多いことに気づきます。主に塾や習い事の費用です。しかし、この部分を減らすことに関しては奥様の強い抵抗がありました。

結局、子供関連の費用の圧縮は最低限に留めて、外食費、惣菜購入費、通信費、遊興費、おこづかい、などの費用を思い切って圧縮することで納得して頂きました。車のローンは残っていましたが、車検証の名義人がローン会社ではなく購入したディーラーだったので、最高裁判決どおりに車が残りました。以前なら引き上げられていたケースですからラッキーだったと思います。

裁判所に申し立てた時点では、「債務が高額なので、再生委員がつくかも」と思っていましたが、手取収入も結構多いのが評価されたのか、無事、再生委員もつかずに審査が通りました。当初の予想よりもスムーズに運んだケースだと思います

事例-8
最初の相談から、しばらく放置していたら訴えられたケース

Hさん 男性 会社員 30代 住宅ローン無し
債権者数 5社 債務総額 450万円

借金の返済が厳しくなってきたので、一度、専門家に相談しようと思い司法書士事務所に予約をして意見を聞きました。その結果、個人再生という手続をすすめられました。しかし、その時は甘く考えていて、「まあ、そこまでしなくても大丈夫だろう」と半年ほど放置していました。

すると、借りているクレジット会社の一つが私を訴えてきたのです。裁判所からの訴状が届いたのを見て、妻はパニックになってしまい、私も「大変なことになった」と実感しました。急いで、訴状を持って前に相談に行った司法書士に見せました。司法書士は、「放置しておくと、こういうことが起こるんですよ。個人再生と同時に訴えられた裁判も対処しなくてはならないので、費用が余分にかかりますが、よろしいですか」と言われました。

私は、手遅れだと言われて、引き受けてもらえないんじゃないかと心配していましたので、「お願いします。何とかして下さい」と、その場で依頼しました。 その後、方針について説明があり、「この訴えられた裁判は勝てる裁判ではありませんので、個人再生の開始決定を得るまでの間、徹底的に引き延ばす方法を取ります。引き延ばしている間に、なるべく早く個人再生の手続を進めて開始決定をもらいましょう。開始決定が出れば、クレジット会社は裁判で勝っても差押が出来なくなりますので、たいていの場合、取下げてきます」ということでした。

とにかく訴えられているプレッシャーがありましたので、司法書士の指示に従い手早く書類を集め、手続をすすめてもらいました。おかげで、1カ月くらいで個人再生の申立をして、裁判の方は、詳しくは分かりませんが、引き伸ばしをしてくれているようでした。

しばらくすると、個人再生の開始決定が出たと司法書士から報告があり、その後、1週間ほどしたら、何とクレジット会社が訴えを取り下げてきました。この時は、妻と一緒に本当にホッとして、司法書士に相談に行って良かったと心から思いました。最初の相談の後、放置してしまったのに、全力で対策を考えて、手続を進めてくれて本当に感謝しています。

でも、最初の相談の時に素直に個人再生をやっていれば、こんなにプレッシャーがかかることもなく、費用も安く済んだので、その点は非常に反省しています。

事務所からのコメント

2回目に相談に来た時は奥様と一緒で、1回目とは比較にならないくらい顔つきが真剣だったのが印象に残っています。訴えられている場合は、時間との勝負になりますので、依頼人にも真剣になってもらわなければ、うまくいきません。その点、「夫婦ともに、これだけ真剣なら大丈夫だろう」と判断して引き受けました。

同様のケースを手掛けたことは何回かありましたので、とにかく訴訟の方は引き延ばして時間をかせぐことに集中しました(方法は企業秘密です)。通常よりも判決が出るのを2~3カ月は引き延ばす自信はありましたので、何とかその間に個人再生の開始決定までもっていこうと方針をたてました。申立の際には名古屋地裁の再生係に、「債務者は訴えられているので、なるべく早く開始決定を出して頂けるよう、お願いします」という上申書も同時に提出しました。再生係は考慮してくれて、通常よりも早く開始決定を得ることが出来ました。

方針通りに手続は進み、訴訟は相手の取下げで終了しました。取下げの報告をしたら、特に奥様が喜んでくれましたね。よほどプレッシャーがあったのでしょう。

ただ、最初の相談の時に決断してくれれば、もっと安くプレッシャーもかからずに出来たのに、と言う思いはあります。相談の際に、いかに放置しておくことが危険かを、より詳しく説明するようにしようと強く思いました。

無料相談受付中!(要電話予約)

052-832-1565

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料相談受付中

1人約1時間(相談内容により多少異なります。)

要電話予約

052-832-1565

お問い合わせフォーム
アクセスマップ

橋本司法書士事務所

〒468-0073
愛知県名古屋市天白区塩釜口二丁目1009番地
シャトーハルミ601
TEL 052-832-1565
受付時間:平日午前9時~午後7時まで
※事前に予約を頂ければ、夜間また
 は土日祝でも相談は可能です。

大きな地図はこちら

地下鉄 鶴舞線 塩釜口駅
2番出口 徒歩1分